風をきって -冒険者たち- kazekitte.exblog.jp

風をきって仲間のブログ


by kazewokitte
プロフィールを見る
画像一覧

<   2016年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

陣中見舞い

娘が孫二人と格闘中と分かり、お土産持って行きました。
二人は最初は照れ臭そうにしていましたが、大好きな焼き芋のアツアツを持って行ったらとびきりの笑顔が見れました。ママやばばちゃんにも一口ずつおすそ分けがありました。

が、無性に食べたくなり、帰宅して再度焼き芋を。この芋は、夫が畑で育て、孫が掘ってくれた愛情たっぷりの「紅あずま」安納芋にも負けない甘〜いお芋です。
f0169340_11113148.jpg
電子レンジでこんなに上手にできるんです。
f0169340_11123208.jpg
皮と実も楽々にはがれ、裏には焦げもあります。夫が約1/3、残りは私がしっかりいただきました。美味しかったなあ。この焼き芋目当てに、お高い電子レンジを昨年の今頃買ったのです。活躍しています。
[PR]
by kazewokitte | 2016-12-31 11:15 | 日々の生活 | Comments(2)

冬休み

いただいた物たち
f0169340_11032228.jpg
オリオンビールはふるさと納税返礼のおすそ分け。

f0169340_11041830.jpg
美味しかったなあ、手作りシュトレン

お正月の飾りも、プレゼントのちぎり絵
f0169340_11060840.jpg
いよいよ酉年ですね。よいとしがきますように。
[PR]
by kazewokitte | 2016-12-31 11:06 | 日々の生活 | Comments(0)

手紙

片付けをしていて、たくさんの手紙を発見。昔担任した子どもたちから。

卒業後にも何やかやと送ってくれました。私自身が書くことが好きで、担任の間じゅう学級通信を書いていました。子どもたちには日記を書いてもらい、赤ペンで心の交流をしてきたつもりです。

卒業して、中学生、高校生の時代、大学生、そして就職してからの手紙。同じ働く大人として共感することが多かったです。

中にはスポーツ選手としてオリンピックを目指したものの夢破れたとの報告や、海外からの絵葉書もありました。

印象深かったのは、「先生、音楽一緒にしてください・・・」 昔の子どもたちは人間として許せない、そんな気持ちが通じました。11才、12才でも
「ならぬものはならぬ」が通じました。そして、本音で語り合い真剣に議論しました。一緒に泣いたり、笑ったり。

また、中学生時代の恩師が同僚になりました。その恩師は70代。残念ながら認知症を患っています。墨痕鮮やかな手紙がありました。今となっては、私のことなど分からないでしょう。でも、先生に出会えてよかった、と心から思います。

今日のランチは元同僚に誘われて、久しぶりに話し込みました。

辛いこともたくさんありましたが、総じて幸せな教師人生だったと改めて古い手紙に教えられました。
[PR]
by kazewokitte | 2016-12-29 19:37 | 仕事 | Comments(0)

ひどく疲れて

三連休の後の仕事。
疲れて疲れて、午後は欠伸の連発でした。

それでも筋トレに行ったら、ちょっと元気回復の気分に。幸い、夫が買い物を済ませておいてくれて、助かりました。夫の大好きな鰰の煮付け、香箱ガニに冷蔵庫のあれこれ。お昼にご飯を炊いたと聞いていたので炊飯器を開けると空っぽ!あらら、ご飯炊かなくちゃ!と思ったら夫がうどんを食べたいとリクエスト。幸い讃岐うどんの冷凍があったので味噌煮込みにしました。美味しかったです。

食事だけが日々の楽しみです。夫も私も香箱ガニの身を出していたら、バネ指の症状が出てきました(笑)私は、明日の整形外科受診を1月に変更したばかりだというのに、いやはや弱ったことに中指がぴょんぴょんしてきました。

[PR]
by kazewokitte | 2016-12-26 19:30 | 日々の生活 | Comments(2)

Xmas

f0169340_22451438.jpg
昨日、今日とささやかにXmasを楽しみました。孫たちには22日にプレゼントを渡しました。じじちゃんは2人にそれぞれ色鉛筆、私はクッキーです。喜んでくれました。
f0169340_22454798.jpg
保育園で作りました。
今日は友人がドイツのクリスマスケーキ、シュトレンを手作りで持ってきてくれました。
f0169340_22484581.jpg
ドイツでは一ヶ月ほど前に作り、一ヶ月かけて少しずつ食べて幸せになるそうです。とても美味しいケーキでした。それからはチゲ鍋を囲み、忘年会?二人より三人が美味しい鍋でした。
[PR]
by kazewokitte | 2016-12-25 22:52 | 日々の生活 | Comments(0)

ささやかに---

今日は冬至でした。が、そうは思えない暖かい日で、ハッピーです。

かぼちゃ(南京)もレンコンも用意できなかったので、せめて・・・と思い、柚子風呂にしました。

とは言っても、以前婿殿の実家から頂いた「花柚子」を数個浮かべただけですが。
若い頃は気もつかなかった、二十四節気や、日本ならではの季節感のある言葉、色、表現のいろいろ、いい年になって本当に心地よく感じます。

クリスマスを狙ったテロのニュースが報じられていますが、世界中で、日本中で痛ましい事件、事故が後を絶ちません。幸せな冬至、師走からお正月、平和な日々でありますように。


[PR]
by kazewokitte | 2016-12-21 21:46 | 日々の生活 | Comments(0)

義母を見舞いに

夫と能登まで行ってきました。加賀は良いお天気で出発したのに、能登は雨と曇り空でした。

手術からまだ2日目なのに、義母は血色も良く、元気です。話も弾み、リハビリの先生に「明日からリハビリしますから、履物を用意してください。」と言われたと嬉しそうでした。

その履物を買いに行っていた義兄が病室に戻るとすぐに、妹夫婦もやってきました。期せずして義姉を除く全員参加です。お見舞いに創作和菓子をちょうど6個持って行ったので、義母も含めて全員でいただきました。とても美味しい季節感たっぷりの和菓子でした。金沢もそうですが、茶道が町に根付いているので、和菓子屋さんがたくさんあります。(写真を撮ればよかった)
義母に先日の七五三の写真を見せました。娘が義母プレゼントの着物を着て、私の母の帯を締めたことを話しました。

しかし、何より喜んだのは、夫が手作りした着物リフォームの手提げ袋でした。涙ぐんで、「これ持って、どこか出かけたいわ〜」と。親子ですね。

妹もわりに近いので、わが夫だけは名残を惜しんで病室を出ました。手術の経過が良いので、みんなが笑顔になるお見舞いでした。

行き帰りの運転は夫の様子を見ながら交代で。でも、先日の21世紀美術館へ出かけた日に比べれば、とても元気になった夫に安心しました。天気次第ですが、また義母の顔を見に行こうと思います。
[PR]
by kazewokitte | 2016-12-18 16:52 | 日々の生活 | Comments(0)

元気回復

f0169340_14254843.jpg
久しぶりにスープを作ってもらいました。夫が育てた安納芋、ジャガイモ、カブ。美味しかったです。

そして、一週間ぶりに孫たち襲来です。

f0169340_14275947.jpg
保育所の迎えの車の中から、
「ばばちゃん、7時から8でドラえもんやってるよ。」と。半信半疑でじじちゃんに選択してもらうと本当にやっていました。

その後、事件が。引き続きクレヨンしんちゃんらしいので、私がテレビを消してもらうと、4才、後ろ向きのまま怪しい雰囲気。‼️ やっぱり。泣いているのでした。きっとママがいたら見せないと思うから・・・と話しました。無抵抗だったので、多分家では見ていないのではないでしょうか。

風呂から上がって、写真やビデオを見ていたら懐かしくなりました。ちょっと前までは赤ちゃんだった2才も、かなり一人前なことを言います。

「ぼく、もう赤ちゃんじゃないよ❗️」
本当だね、二人でボールを投げっこしたり、来年のカレンダーを立ててボーリングの真似したり、確かに君は、もう赤ちゃんじゃないね‼️
[PR]
by kazewokitte | 2016-12-17 14:37 | 日々の生活 | Comments(2)

老いるということ

今日は同僚たちと介護施設が話題になりました。今は他人事ですが、自分もお世話になるのは目に見えています。

帰宅後、義母と同居の義兄から夫にメール。転んで大腿骨を骨折したと・・・・・
明日は空模様が怪しいので、土日のどちらかにお見舞いに行こうと話しました。夫が回復していてよかった、と真から思いました。明日が手術だそうです。心配だけど、気丈な義母ですから、大丈夫。きっと。

私も2月の経過観察の診察で術後9年になります。10年と言われているので後1年。でも、気を抜いたらいけません。頑張ります‼️
[PR]
by kazewokitte | 2016-12-15 20:17 | 日々の生活 | Comments(0)
今日は昼休み、大忙しでした。

夫の毎月の受診日で、先日救急外来でお世話になったのもあって、私も同席しました。気になっていたことをお尋ねしたら、
「我慢はよくないのですよ、痛みがあったら来てください。カルテにちゃんとかいてありますから。」
とのことでした。主治医の先生は本当にいい先生で、私は先生のお顔を拝見するだけで、癒されています。今日はお忙しいとかで、診察時間が変わり、私は仕事先と病院をトンボ帰りでした。後で聞いたら、先生は病院でサンタさん役が当たっていたそうです。入院患者さん、特に子供たちにとってはどんなに楽しいことでしょう!

さて、その病院へ行く直前に、昨日とはまた別の教え子さんの相談を受けました。昨日の子も、今日の子も自身は姉妹ばかり、子どもは男の子ばっかりです。我が孫も御多分に漏れず、喧嘩だのなんだので傷が絶えません。男の子は大変だなと思います。

役に立ってるかどうかはともかく、話し相手にはなれます。卒業して何年経っても、「先生・・・」と慕って相談してくれる教え子さんたちには、感謝感謝です。いい年になっても、この時ばかりはそうやって真剣になれる自分に自己有用感を覚えます。

夫も元気を取り戻し、夕方には友人が訪ねてきてくれて、しばし楽しい時間を過ごせました。夕方買い物に行って、シクラメンとポインセチアの鉢をプレゼントしてもらいました。

昼休み前半30分は悩み事相談を受け、後半30分は妻の務めでした。バタバタしましたが、こんなことにも小さな幸せを感じました。

[PR]
by kazewokitte | 2016-12-14 21:15 | 仕事 | Comments(0)