教え子さんからの着信   

気づいたら着信。

日曜日から夫が体調不良。月曜は早朝から緊急外来で点滴。幸い今日はかなり元気になりました。仕事から帰り、カバンを居間に置いて夫の寝ている部屋で一緒にお茶していたので、全く着信は想定外。私たちはお互いの病気を支え合ってきたので、いたわり合い、支え合うことが当たり前にできます。それでも、夫の早期退職以来家事は随分助けてもらっているので、一馬力はしんどくもあり、夫の体調も心配で誰かに聞いてほしいこともありで、電話の後、訪ねました。

用事はお母さんから野菜をたくさんいただきました。立派な白菜、キャベツ、源助大根に青首大根を袋にいっぱい。教え子さんと30分ほど話して、帰宅。

早速大根をおろしにして食べました。お母さんにお礼の電話をすると、元看護師さんだけあって、夫の体調不良を心配してのお話がありました。

36年のお付き合いです。小学校1年生で担任した子ですから、教師冥利に尽きるお付き合いをさせていただいています。きっと、私が死ぬまで付き合ってくれるんだろうなと思います。

ありがとう‼️H美さん、そしてお母さん。


[PR]

by kazewokitte | 2016-12-13 21:24 | 仕事 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< どちらがお世話になっているのか? 同窓会のように >>